界面活性剤不使用とは

たびたびハンドクリームやフェイスクリームなどに含まれている界面活性剤というものがあります。界面活性剤の特徴としては、水との親和性が高くその判断基準として水や油を使った判定によってその基準が定められているのです。実際に、クリーム類の中で界面活性剤不使用と表記されるものが少ない理由のほとんどは、クリームに必要となる成分が界面活性剤であることに由来しています。

界面活性剤不使用は基準が高く、完全な不使用が難しいこともその理由の一つとなっています。そのため「合成」界面活性剤不使用となっている場合が多いわけです。この合成や化学成分を付しようとするのは、いかに肌にとって自然の成分がよいかと言うことを基準にしています。合成化学物質不使用であるから全てが良いのではなく、自分の肌に合う成分なのかどうかの方が重要である場合もあります。

界面活性剤不使用のデメリットで挙げられるのは以上の点であり、アレルギーや化学製品は特にその影響を受けやすいことなどから、スキンクリームに界面活性剤不使用を重視するのかどうかを選択するのが妥当といえます。選択できるというメリットがある事はよいですが、当然合成でない場合にはどこかに無理をして作っている場合もあるなど、製品の良し悪しを確かめる必要があります。