成分の重要性

肌ケアに使用するスキンクリームは、肌の弱い部分にも試用することがあるなど、含まれる成分には気を使う必要があります。特に成分を気にせずにメーカーや価格だけでスキンクリームを選んでいると、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。一般的にスキンクリームに使われている化学成分としては、保湿剤や乳化剤、香料、それと最近では含まないほうがよいと世間で言われている防腐剤なども含まれています。製品によっては、ヒアルロン酸を含むものもがあります。

化学成分が問題になるのは肌から身体に良くない成分が吸収されることが懸念されているためです。それが界面活性剤に多く、肌だけでなく人体にとってはダメージの大きなものとなりえるわけです。界面活性剤不使用のスキンクリームというのはそれだけ貴重であり、合成系や化学薬品系をいかに減らすかと言うのが肌にとっては大事なのがここからもわかります。

参考HP≪デファンドル・ドネ シルクスキンクリーム|年齢肌の美容クリーム
界面活性剤を使用していないスキンクリームの通販サイトです。

界面活性剤不使用のスキンクリームが販売されているのは、近頃では珍しくなくなり、むしろ積極的に開発・販売が行われるようになっています。クリームの中に含まれる成分としては、基本的な素材となるクリームの元の水や石鹸の素材に加えて、ヒマワリ油などの各種油脂成分や自然から取れる果実のグレープフルーツ、草木から採取される自然の成分が代表的です。